太陽光発電

太陽光発電

“地球に優しく、家計に優しい”

匠屋の太陽光発電

~太陽光発電って?~

近年では、一般的な住宅にもどんどん導入が進んでいる太陽光発電。
自宅の屋根に設置されたソーラーパネルが発電するため、以下のようなメリットがあります。

  • ① 太陽光発電で作った電気を自宅で使用し電気代を削減
  • ② 余った電力は電力会社に販売
  • ③ 蓄電池を同時に設置して、昼間発電した電気を夜間や災害時に利用

光熱費がこんなにお得になります

光熱費がこんなにお得になります

~ソーラーパネル設置って高いんじゃないの?~

全国的な普及に伴い、導入費用は低下を続けているため、
数年前と比較すると、圧倒的に低価格で設置することができます!

システム費用の推移

(出典)平成26年12月まで:一般社団法人太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター 補助金交付実績データ
平成27年 1 月以降:年報データ
※昨年度の調達価格等算定委員会から追加でデータが収集されていたため、一部昨年度の数字が更新されている

~結果的にこれだけお得~

平均的な4人家族の場合、太陽光発電による月々の差益は1万3千円程度となることが多いです。
初期費用も下がっているため、たとえば5kwの太陽光パネル設置で総額130万円だとすると、

  • 130万円÷ 1万3千円 = 100ヶ月
  • 96ヶ月÷ 12ヶ月 = 8年3ヶ月
  • つまり、8年目以降は定期的に収入が入ってくる仕組みとなります。
システム費用の推移

~今、太陽光パネルリフォームをおすすめする理由~

太陽光の売電価格は固定買取制度によって定められています。
この制度は、太陽光で発電した電気を、電力会社が一定期間、一定価格で買い取ることを国が約束する制度であり、申請時に定められている買取価格が適用されます。
この買取価格は年々下がり続けているため、金額が高い内に、設置した方がお得になるのです。

電源 規模 (参考)
平成28年度
平成29年度 平成30年度 平成31年度
太陽光
(出力制御対応機器設置義務なし)
10kW未満 31円 28円 26円 24円
太陽光
(出力制御対応機器設置義務あり)
10kW未満 33円 30円 28円 24円
太陽光
(出力制御対応機器設置義務なし、ダブル発電)
10kW未満 25円 25円 24円
太陽光
(出力制御対応機器設置義務あり、ダブル発電)
10kW未満 27円 27円 26円

※平成28年8月1日以降に接続契約を締結した住宅用太陽光(10kW未満)については、新認定制度における認定時(旧制度の認定取得者は、みなし認定移行時)から1年間の運転開始期限が設定され、運転開始期限を超過した場合は、認定が失効になります。

差益シミュレーションを元にイメージを固めよう!無料相談会のご予約はこちら 0120-50-8938